アイピルの効果

桃色の錠剤シート

アイピルは妊娠を望んでいない女性に最適なアフターピルです。どのような効果があるか知りたいなら、詳しい作用をしっかりチェックしてみましょう。もしもに備えることが大切です。

詳細を確認する

完璧な避妊法はある?

考えている銅像

初めてセックスを経験する年齢の平均値はどんどん若年化してきており、現在では10代なかばで初体験を終えるというケースも珍しくはなくなってきます。しかし心と体がまだ成長しきっていない年齢だと、正しい避妊方法などを十分に把握しておらず、思いがけず妊娠してしまう可能性も高くなります。

では、正しい避妊方法とはどのようなものを指すのでしょう。市販のコンドームを使用すると答える人の割合は最も多くなります。性教育においても、避妊するためにはコンドームが必要不可欠だと言われますが、実はコンドームを着けていても避妊に成功する確率は100パーセントに達しません。
もちろん正しく使用すれば避妊具として十分に役立ちますし、性感染症の予防にも繋がります。
しかしコンドームは挿入前に装着することが正しい使用方法です。避妊に失敗する例として、射精前に装着してしまい、コンドームの避妊効果が十分でなかったということが挙げられます。

妊娠を望んでいない間は恋人・夫婦同士でもコンドームを使用し、かつ正しい方法で避妊を行うことが重要です。ピルを服用することで避妊を行っている人も少なくありませんが、この方法もコンドームと同様に100パーセント安心というわけではないため、避妊効果を高めるためにはピルとコンドームの両方を使用することが最適です。

ただ、予定外の妊娠をアイピルで避けるという方法もあります。アイピルはアフターピルの中でも効果が高いことで知られ、多くの女性に注目されています。膣内で射精してしまった場合、定められた時間内にアイピルを服用することで、着床を防ぐ効果が得られるのです。
妊娠を望まない場合コンドームを装着せずにセックスをすることは避けるべきですが、何らかの理由で避妊に失敗してしまった際、緊急対策用としてアイピルがあると安心でしょう。