鮮やかな花

一般的なピルとの違い

虫眼鏡と人形

ピルと聞くと「避妊に使う」「生理不順の改善」というイメージを抱く人がほとんどでしょう。確かにピルは月経周期を安定させるために婦人科で処方され、生理痛や生理不順に悩む女性に服用される医薬品です。生理周期が安定することで排卵日が必然的に明らかになるため、効果的な避妊が行えます。

しかし、上記のような目的のために処方されるものは「低用量ピル」と呼ばれており、アイピルのようなアフターピルとは少し異なっています。アイピルは避妊に失敗した際に服用すべきものです。セックスの後72時間以内に服用することで排卵刺激ホルモンを抑制し、受精や着床を防ぐ働きをします。

低用量ピルは7日間の休薬期間を設け、それ以外の日は毎日1錠ずつ服用するという方法で使用しますが、アイピルは避妊の失敗につき1回1錠を服用するものです。
アイピルは低用量ピルと比べて副作用が出る可能性が高いため、誤った方法で服用することは危険になります。また、それと反対に低用量ピルをアイピルと同じように服用すると、本来の効果は全く発揮されなくなるでしょう。

どちらのピルも「避妊」という目的のために用いられることが多いのですが、それぞれ使用方法が異なっているため、その違いを理解しておくことは大切です。
婦人科ではどちらのピルも処方してもらえますが、アフターピルは副作用があることからあまり勧められません。積極的に処方してもらえるわけではないので、服用方法などの注意事項を理解した上で通販などを利用し購入すると良いでしょう。
日本国内では市販のアフターピルはありませんが、アイピルなら海外から取り寄せることが出来ます。避妊に失敗した時に限り服用するものとして購入しておくと安心です。