鮮やかな花

アイピルを手に入れる方法

薬を持つ医者

妊娠を防ぐためのアフターピルですが、本来は産婦人科など婦人科系の病院で処方してもらうことが主流です。避妊に失敗してしまった時には産婦人科を受診し、処方せんを出してもらった上でアフターピルを受け取れます。

避妊の失敗とはコンドームが破けていた、もしくはコンドームを装着せずに射精してしまったなど、様々なパターンが考えられます。しかしその度に病院へ行くことは、人によっては難しいというケースもあるでしょう。

病院で処方してもらえるアフターピルの1つに、ノルレボ錠というものがあります。ノルレボ錠は市販薬ではないため、入手するためにはどうしても病院を受診しなければいけません。

しかしノルレボ錠のジェネリック医薬品であるアイピルなら処方せんがなくても購入出来ます。効果はノルレボ錠と変わらないため、避妊に失敗した時の緊急避妊薬として手元にあると安心です。
また、アイピルはドラッグストアなどで販売されているわけではなく、購入を希望している場合は通販を利用することが一般的です。ノルレボ錠は1錠あたり1万円以上するものですが、アイピルはジェネリック医薬品なのでそれよりも低価格になっており、1万円あれば10錠ほど購入出来ます。
通販を利用することで受診料などがかからないため、費用を抑えたいという人にも最適です。

アイピルはセックスしてから72時間以内に飲まなければ効果を発揮しないものですが、外国製の医薬品なので通販で注文してから手元に届くまで時間を要します。そのため避妊に失敗してから注文すると手遅れになる可能性が高いでしょう。念の為に常備しておくことが理想的なので、早めに注文しておくことが大切になります。

コンドームによる避妊に全く効果がないわけではありませんが、破けない保証はありません。起こりうるトラブルに備えておくことで望まない妊娠を防ぎましょう。